ビジネスマナー

【ビジネスマナー】④お名刺をいただきます

ビジネスマナー

こんにちは! 北の熱い講師 オッケーです!

【マナー】のお話しっぽくなってきました
さあ!ここから、グッとそれっぽくなりますよ!

名刺=会社 あなたは会社の代表者

【名刺】は会社を紙にしたものです!
あなたは会社の代表者なのです。

日本経済社会の独特なものです、名刺は!

会社によっては、最高級品質の紙を使うところ、和紙のところ、木製のところ、この頃多い顔写真付き、などなど“品格”をイメージさせる戦術だとする企業も増えました。

【自覚】をもって、堂々と交換してください

まずは、笑顔で、姿勢を正して、胸を張って、
新人らしく元気に!

訪問前の準備からです

  名刺を切らさない、忘れない 

名刺入れには、10枚前後を入れて置きましょう
バッグの中には、50枚程度入れて置きましょう

  名刺入れを持つ、華美でないもの

基本形は、黒か茶系で、革製を所持しましょう

  内胸・左ポケットに入れる

右利きを想定した時に、右手で、すぐ出せるように

  数枚を事前に挟んでおく

相手よりも先に出せるように、二つ折りの名刺入れの間に
挟んでおきましょう。

差し出す時

先手を心掛ける、両手で差し出すのが基本です

相手側に向けて テーブル・机を挟まないように 

顔を上げて、明るく元気に「会社名、部署名、名前」をはっきりとゆっくり名乗ること

名刺交換の順番は、訪問者から弊社の上司へお渡しします

受け取る時

マーク、名前等に指をかけないこと

相手よりも低い位置で両手で受け取る 「頂戴いたします」の声掛けを心がける

同時交換の時

実際には、一番多いタイミングとなるので、覚えておいてくださいね。

右手で渡し、左手の名刺入れの上でいただくこと

渡した後に相手の名刺を両手で持つこと

着席の時

自分の名刺入れの上に(座布団にして)相手の名刺を載せること

複数人の時は、上位者の名刺を載せる 相手着席順に名刺を置くこと

離席の時

基本的に、相手がしまうまで、自分からはしまわないように

いかがでしょうか!

いただいた時に、お名前の復唱確認が出来ると素晴らしいです。

名刺管理方法を、自分なりに統一すること

いろいろな名刺管理ソフトがあります。

オッケーは、企業別上席順にファイリングしています。
ただ、今思うに、エクセル‣あいうえお順にPC管理に早くにしておけばよかったなと思っています。
オッケーの苦労は、さらなる上席にお会い出来るポストになるたびに、入れ替えをしなければならないことです。(笑)
このことを感じ出した中間管理職のあなた!整理の仕方を、今のうちに変えたほうがいいですよ!絶対に!
それと大事なこと!逢った年月日と一言コメントを必ず書いています!
たとえば、「2011,4,1 中年メガネハゲおやじ」と(笑!)
これ!お奨めです!忘れませんよ!思い出すのにgood!です。はい!
なので、オッケーは、他の人にはいただいた名刺は見せません、見せられません!(笑!)

失礼のない、印象に残る交換をしましょう!

名刺交換は、ビジネスの礼儀作法です。
失礼のないように覚えましょう。

ここで勘違いをしてはいけません。
あくまでも、主役は「あなた」です!
あなたを相手に知っていただく、印象に残していただく、
記憶に残していただくことが、重要なのです!
演技をしろ!とまでは言いませんが、
「感じのいい方だな」と記憶に残していただけるように、
立ち振る舞いを行いましょう!
自信を持って、「自己アピール」をしてください。

次回は、「席次」についてです。

 

今日を明るく元気に行きましょう!

いってらっしゃい!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング


ビジネススキルランキング

ビジネスマナーランキング

マーケティング・経営ランキング

北海道札幌市ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました