地域活性

【札幌市人口減】一極集中の是非

地域活性

こんにちは 北の熱い講師 オッケーです!

札幌市人口減現象が4年早まる

札幌市の住民基本台帳

札幌市の住民基本台帳に基づく1月1日現在の人口が外国人を含め前年同期比907人減の196万668人となり、1972年の政令指定都市移行後初めて減少に転じた。少子高齢化が加速する中、新型コロナウイルス感染拡大などの影響で道内他地域からの転入超過数が11年ぶりに1万人を割り込んだことが響いた。専門家はコロナ禍が収束後も人口減少は続くとみて、子育て中の人など若者世代の意見を取り入れた対策を打ち出すべきだと強調する。札幌の人口は少子高齢化で2009年から死亡数が出生数を上回る「自然減」が続き、その幅は年々拡大。それでも、道内他地域からの転入超過による「社会増」が補う形で右肩上がりを維持してきた。しかし、21年1年間の道内他地域からの転入超過数は前年比880人減の9985人にとどまった。市町村別では小樽市、苫小牧市、帯広市からの転入超過数が前年に比べ計526人減少。新型コロナの感染者が多い都市部への転居を控える傾向が全国的に強まったことも影響したとみられる。一方、札幌から近郊への人口流出も目立ち、石狩市に対し205人、江別市には110人の転出超過となった。札幌の地価が高騰する中、宅地開発が進む両市への転出が続いている。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は18年、札幌市の人口は25年の197万6367人をピークに減少に転じると推計していた。今後も人口減少が続けば、ピークは4年早い21年に迎えていたことになる。

札幌市まちづくり政策局は「札幌は、道外への人口流出を食い止める『ダム機能』を期待されている。子育て支援や産業基盤の強化、起業支援を進めながら、15~64歳の生産年齢人口が減っても成長し続けられるマチを目指したい」と話す。

全道の約4割を占める札幌の人口の行方を、道も注視する。道地域創生局はコロナ禍で大都市圏ではゆとりある暮らしを求める人が増えていることから、「仕事をしながら休暇も楽しむ『ワーケーション』の適地として、札幌だけでなく道内各地域への移住を促進したい」としている。

人口問題に詳しい北海道総合研究調査会は札幌の人口について「減少局面に入った。道内他地域の人口も減っており、転入は今後も減少するだろう」と指摘。「保育園や働く場の確保など、女性が出産や子育てをするために連続した支援を充実させる必要がある。派遣など非正規雇用が多い女性の働き方の改善も急務だ」と訴える。

2022.1.21付 北海道新聞より抜粋

いかがでしょうか!

オッケー的考察

読者の方で、道産子で、北海道から離れていらっしゃる方もいると思い、掲載させていただきました。

200万人にあと一歩で届くところまで来た札幌市でした。
確かに、以前から200万人には届かないであろうと予測されていました。この記事のごとく、北海道内で一極集中となっている札幌です。

札幌が勤務地である、通勤時間1時間以内の、小樽、岩見沢、千歳、石狩市までの道央圏を含めると、250万人を超えて、道内の半数以上が集中している状況です。

集まる要素が多数あり書き出すとキリがないですね。
・高度な医療体制があることで、中心部マンションに、高額所得者の高齢ご夫婦が、地方から越してきている(住所は田舎のまま)
・子息、孫を高学歴、優秀大学高校への進学のために、家族ごと札幌近郊に移り住む
・コロナ禍での、福利厚生充実をアピールし優秀人材採用のため、テレワークの導入、ワーケーションの取入れなど、大手企業が積極的に行っているが、数的にはまだまだ捉えられるほどの人数になっていない
・札幌中心街に本社機能を置いている企業が、郊外にある工場・流通センターに移し、家賃コストを下げて来ている
・東京本社企業の、IT化進化系として本社コントロールとなり、札幌支店の存続価値の低下を生み、撤退する
などなどが、主要な要因と考えます。

北海道として、生命線である札幌市を、もっともっと魅力的な街に
変容していかなければならないと思います。
北海道新幹線開通、札幌駅前再開発を推し進めることが肝要ですね。
【玄関口】インパクトがポイントです

 

今日を明るく元気に行きましょう!

いってらっしゃい!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング


ビジネススキルランキング

ビジネスマナーランキング

マーケティング・経営ランキング

北海道札幌市ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました