地域活性

【さっぽろ雪まつり】復活!

地域活性

こんにちは 北の熱い講師 オッケーです!

今日は、ちょっと、地元愛で、紹介します!

第73回さっぽろ雪まつり

この時期にしか出逢えない北海道・札幌の冬景色がお待ちしていますよ!

2023年2月4日土曜日から11日土曜日祝日の8日間の開催です。

会場が2か所あります。
皆様ご存じの大通り会場と、氷の祭典のすすきの会場です。

ライトアップが、大通り会場は22時まで、
すすきの会場は23時(最終日22時)まで、されています!

大通り会場は、大通公園の西1丁目から西10丁目にわたって雪の世界が出現します。


大雪像5基を中心として、中小雪像、市民雪像、ウィンターアトラクションなどを展開します。

すすきの会場は、幻想的な氷像が立ち並びます。氷像を見て・ふれて氷の世界を体感することができる会場です。ライトアップ時にご覧あれ!

歴史

さっぽろ雪まつりは、1950年に地元の中・高校生が6つの雪像を大通公園に設置したことをきっかけに始まりました。
雪合戦や雪像展、カーニバル等を合わせて開催、5万人あまりの人出で予想以上の大人気でした。以後、札幌の冬の行事として市民に定着していくことになります。1953年には、高さ15メートルの大雪像「昇天」がはじめて作られました。
1955年には自衛隊が参加し、大規模な雪像づくりに挑戦。第10回開催時の1959年には、雪像制作に2500人を動員、はじめてテレビ、新聞でも紹介され、翌年からは本州からの観光客も増えて大盛況となりました。こうして、札幌の雪まつりから日本の雪まつりへと発展していきました。

公式ホームページより

自衛隊製作品

そうなんですよ!天下国家の自衛隊が、‟八甲田山”じゃないですが、
雪中行軍?的訓練として参加するのです!知ってましたか?
製作物ではなく、このレベルは、もはや作品です。

今回も参加しています。

大通会場 7丁目 HBC広場
「すべての医療従事者に感謝を込めて
フローレンス・ナイチンゲールの偉業を偲ぶエンブリー荘」
COVID-19の感染拡大により3年ぶりの開催となる雪まつり。疫病と闘ってくださるすべての医療従事者の方へ感謝を込めて、陸上自衛隊北部方面システム通信群の卓越した技術で雪像にいたします。

大通会場 8丁目 雪のHTB広場
「豊平館」
1880年、北海道札幌開拓使直営のホテルとして建築されました。1958年に現在の所在地である、中島公園内に移築され、いまもなお、多くの市民や観光客に親しまれています。
「アイスブロック工法」と言われる独自の技術で、雪で作った細かいパーツを貼り付け、豊平館独自の様式美を精細な箇所まで忠実に再現します。
制作は、「HTB北海道テレビ」と「陸上自衛隊第18普通科連隊」が共同で行い、延べ3,800人の自衛隊員が1月7日から2月3日まで、28日間かけて制作します。

公式ホームページより参照

製作技術に圧倒されますよ。忠実に建物として現れます。
そりゃ~~、普通に建物として、足場を組みますよね!!!

北海道らしさ

ちょっと、札幌感を表現している大雪像が、

大通会場 10丁目 UHBファミリーランド
「世界がまだ見ぬボールパーク“Fビレッジ” 2023.3.30誕生!」
2023年3月、北海道日本ハムファイターズの新球場を含めたエリア、HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE(北海道ボールパークFビレッジ)が開業します。約32ヘクタールもの敷地に、自然と共存する次世代ライブエンターテイメントや心身を育むウェルネスソリューション、文化交流が活発な街づくりを目指す、まったく新しいクリエイティブなコミュニティスペースが生まれます。国籍、年齢、性別を問わず、より多くの人がこの場所に集い、ともに夢や理想を実現していく。北海道のシンボルとなる、世界がまだ見ぬボールパークの誕生です。
今回は、開業を記念し、新球場ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールド)と、ファイターズの新庄剛志監督を、ダイナミックかつ繊細な作り込みによる雪像で表現しました。エスコンフィールドは、世界最大級の大型ビジョンや通年で楽しめるTOWER 11(タワー・イレブン)などを忠実に再現。新庄監督は「監督」の枠に囚われない個性とその明るいキャラクターを表現。
日本全国、そして世界に向け、その魅力を発信していきます。

公式ホームページより

オッケー的には、ちょっと、ビックボス、いや、新庄剛志監督の顔がデカすぎないか?と思いますがね、、笑
この雪像だけを観るなら、地下鉄東西線大通駅の次の駅になる西11丁目駅だと、外に出るとあります。

すすきの会場

あまりに、大通会場が有名なので、知られていませんが、、
是非とも、17時には暗くなっていてライトアップの像を観ていただきたいですね。

「氷を楽しむ」をテーマに、大・中の氷彫刻や氷彫刻コンクール作品など幻想的な氷像60基を展示します。また、好評の魚入り氷像をはじめ民放5社のキャラクター氷像、写真サービス・喫煙ブース等のコミュニケーションエリアも設置予定です。

公式ホームページより

全国有数の大歓楽街「すすきの」の有名ホテル・割烹の料理長?板長が、
包丁をノミに替えて、飾り細工のように作成する、工芸品です。
また、透き通った氷の中の魚たちは、明らかに‟泳い”でいます。
‟インスタグラム映え”間違いありませんよ~~~!

大通会場の広さ

そもそもの公園の長さですが、札幌テレビ塔の西1丁目から、西12丁目までの距離は、
約1.5kmあります。ちなみに、面積は約7.8haある特殊公園です。
なので、往復3kmを歩くことになります。それもツルツル圧雪道です!危ないです!

来場注意事項

道産子が言う、知っていていいこと、来場注意事項を書いておきますね!

期間中の札幌のお天気

2月上旬は1年の内で最も寒い季節です。
2022年2月の日平均気温は-2.2℃でした。
ちなみに、2023年の状況としては、大寒波の到来が多く、
最低気温がマイナス2ケタが続いています。

どんな服装?

上記したように長い時間、外を歩くことになります。
シャツ・セーター・外套の3枚重ねくらいが適当です。
マジ!下着はヒートテック!です!
外套はオーバーまたは、ダウンコート・スキージャンバーのような本格的なものが良いです。
薄いコートでは寒いでしょうね。また帽子や耳あて、手袋も必要ですよ!

荷物を持たない

歩くにあたってバランスを取らないと転びます。絶対に!
なので、出来る限り、両手を開けることをお勧めします。
リュックを背負うなり、ショルダーバッグを肩から掛けるなりするといいですよ!

滑らない靴はありません(滑り止めは売ってるの)

路面は凍結していることが多いので、冬用の裏面に溝を切ってある靴でないと歩くのは難しいです。
まして、大勢の200万人が踏み込んだ圧雪ツルツル道です。
オッケーでも、かなり気を付けて歩かないと転びます。
大股歩きは危険です。ペンギン歩きのかかとから降ろす歩き方です。
もし、お持ちの靴がそのような裏面がついていないなら、
靴の上から装着する 「滑り止め」を購入して使うのが良いでしょう。
「滑り止め」は1つ1,000円くらいでJR駅、地下鉄駅の売店で売っていますよ。

入場料は必要?

全会場無料です。取りようがありませんね、、多すぎて!!!

経済効果

2018年年末に、中国から?の新型コロナウィルス感染のニュースを、高見の見学?とは言いませんが、2019年開催した「雪まつり」のあとに、爆発的に感染者が増えました。
個々人の自衛予防策をしっかりとっていただき、来場くださいませ!
待ちに待った、大イベントの再開です。経済効果は、非常に大きいです!!!

成功を祈る、何年も実際に歩いて観ていない!、オッケー講師です!笑

今日を明るく元気に行きましょう!

いってらっしゃい!

(今年も観ないんだろうな~~~~)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキング ビジネススキルランキング ビジネスマナーランキング マーケティング・経営ランキング 北海道札幌市ランキング



A8.netなら!
————————————————
◇スマートフォンやPCから簡単に広告が掲載可能

◇もちろん会員登録は無料。その後も費用はかかりません!

◇欲しい商品がお得に購入できるセルフバックの利用ができる

◇有名ブランドから高額報酬がもらえる広告を掲載

———————————————–
アフィリエイトを始めるならA8.net(エーハチネット)
まずは登録→ https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3SZXFY+757A42+0K+ZXQ2R

コメント

タイトルとURLをコピーしました